龍的書店1冊追加

久しぶりに、書店を更新…というか一冊「ハチミツとクローバー 」追加

今回は少女漫画。主要な登場人物全員が片想いという、ちょっと切ないお話し。結構人気のある漫画らしく、この夏には映画化されるほどの人気があるらしい。

この漫画の人気は、心理描写の丁寧さと登場人物への共感だろう。そんな共感がちりばめられたところに、この漫画の人気があるのかもしれない。

漫画以外にも、本当はもっといろいろ本は読んでるのだけれど、更新が追いつかない…

龍的書店1冊追加」への6件のフィードバック

  1. 「ハチクロ」は最初の1~2巻位しか読んだことないな。
    たしか美大かなんかの話だったような。
    「花とアリス」って映画のパンフにかわいらしいイラストが載ってて、そこに「羽海野 チカ」「ハチミツとクローバー連載中」って紹介があったので、そのときに本屋で立ち読みしたぐらい。深夜にアニメやってるの何回か見たっけ。
    映画化の話は聞いてるが詳細は不明。当然HPが出来ていて、綿密に紹介されているんだろうけど。東北新社製作だっけ?公開時期的には「ラブ★コン」と同時期になるんだろうか。
    それにしてもマンガ原作の映画化が増えたね。
    マンガに限らず、原作モノって「絶対」不満残るよね。読み手の思い入れありきだからね。仕方ないよね。
    ヒットした「NANA」だって結局良い評判は聞かないもんな。にもかかわらず「NANA2」は準備中だか撮影中だか・・・。
    まあ、そんなわけで、俺は絶対「タッチ」は見ない。
    たとえ長澤まさみが可愛かろうと、犬童一心が監督だろうと。

    ところで。
    きみ、少女漫画なんか読むのか(笑)

  2. え?読んだのですか?というより、手に取って買ったのですか?

    漫画には縁がないですね・・・
    サザエさん、ちびまるこ、ルパン、ゴルゴ この辺りだけですね。
    趣味がわからんって? 確かに。

  3. 少女漫画も読書の一環?として、最近読みます。

    ≫ てらを
    原作モノはどうしたって、見る人の立場によって、
    不満の差が大きくなりがちだな。まぁもともと
    原作を見ていないのであれば、ただ単純にその映画や
    ドラマを楽しめばいいんだから、気にしないで済むが。
    実は僕の場合結構そんなのばかりで、原作を知らない
    ために、そこそこ楽しめるわけだが…

    ≫ モチモチ さん
    あ、借り物です。最近は本自体、あまり買わずに、
    図書館で調達することが多いです。それに、漫画自体
    普段はほとんど読みません。あくまで読書の一環です。
    でも、これがまた面白いんです。あんまりハマらないように
    気を付けたいと思ってます。

  4. ハチクロ。おもしろいのか。今度よんでみよう。
    今度の月9もマンガが原作らしいし、そういや海猿も、弁護士のくずも、クロサギも、気付いたらみんなマンガか!!
    確かにマンガって文字プラス絵だから想像しなくて良くてラクなのよ。そのぶん映像化って相当むずかしいと思うんだけど、最近はハードル低くなったね。NANAの松田龍平演じるレンのイメージ破壊力は凄まじかったです。
    めぞん一刻とか、またドラマ化してくれないかな。

  5. ≫ 巨人兵 さん
    他の漫画と比較できるほどたくさんの読んでないので、
    何とも言えないけれど、なかなか面白かったと思います。
    映像化の敷居が低くなったというのは同感です。
    人気のある漫画は、そこそこ確実に視聴率が稼げるという
    “無難さ”がその背景にあるんでしょうね。松田龍平の件は、
    登場人物自体を知らないのでよくわからないけど、彼の名前を
    見ただけで、その破壊力は十分に察することができます。
    めぞん一刻のドラマは結局見た記憶がないな。確か、映画化
    されたんだよね?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください