二番搾りの作り方

最近の二番搾りの多くは、PHSで書いている。ふと思い出したネタや出来事をPHSに打ち込んでいく。そうでもしないと思い出すそばから、かたっぱしから忘れていってしまう。でも、その一方で、最終的にまとまらずにそのまま放っておかれてしまうネタも少なくない。せっかく書いておいても、そもそも何のことだったか忘れてしまえ例もある。いわば、二番搾りにも引っかからず、すり抜けてしまった…と言ったところか。ネタの内容や調子がよければ、一気に書き上げられるし、そうでなければ何日もかかることだってある。しかし、平日は毎日が締切(自分で決めただけだけど)なので、そう、のんびりもしていられない。たかがWebサイト、されどWebサイトだ。◆こんなことを書いているのは、うまくまとめられるネタがないということなんだけど。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください